愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

プラナヴァ(オーム)

インドではプラナヴァが尊ばれています。プラナヴァとはオームの音のことです。十字架がキリスト教の象徴であるように、法輪が仏教の象徴であるように、プラナヴァ(オーム)はヒンズー教の象徴です。

 プラナヴァ(オーム)はこの宇宙が誕生したときの音と言われています。耳を手のひらで覆うとこの音がします。電信柱に耳を当てるとこの音がします。「ゴー」と響いているような音ですが、これをインド人はオームと表記しました。

 数学のすべては1という数字が変形して理論ができあがっていますが、この世のすべての音や言葉はこのプラナヴァ(オーム)が変形したものだとされます。それは宇宙の誕生に始まり、それ以後この宇宙を満たすすべての音を支え、宇宙が消滅するときもこの音に収束するとされます。

 日本においても実はこのオームは一部の人に馴染みのあるものです。真言宗真言は「オン・・・ソワカ」という形式のようですが、オンはオームのことです。野口晴哉先生の創始された整体においてはオームではなく、似たようなウームという音が使われると聞いたことがあります。一部の人かもしれませんが、中国の太極拳をやっている人がオームを唱えていると聞きました。キリスト教のアーメンとオームは同じく宇宙ができたときの音を表すと聞いたこともあります。インドから伝わった仏教のお経もオームで始まるものもあります。(岩波文庫浄土三部経」など)

 インドのヴェーダマントラ、御名はすべてこのオームという音から始まります。オームに集中する瞑想もあります。オームは至福の姿そのものであり、それと一体化するとき平安に満たされるとも言われます。

 オームを日常的に唱える習慣のある人の中には、オームという音に対して日本人の少なくない人が非常に悪いイメージをもっていることを悲しく思っている人もいます。某団体のためです。

 私は宇宙旅行をしたことはありませんが、耳を手で覆ってその音を聞いていると、「宇宙空間はこんな感じなのだろうな」と想像したりします。耳の聞こえない方はこの世の音は聞こえないかもしれませんが、意識の中でオームが響いているのかもしれないと思ったりもします。