愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

恩寵あるいはファンタジー

 前回取り上げた詩

 鳥はあなたのもとに 翼は私のもとに
 足はあなたのもとに 道は私のもとに
 目はあなたのもとに 形は私のもとに
 物はあなたのもとに 夢は私のもとに
 この世はあなたのもとに 天国は私のもとに
 このように私たちは自由であり
 このように私たちは結ばれている
 このように私たちは始め
 このように私たちは終わる
 あなたは私の内に 私はあなたのうちに(ババ:「プレーマダーラ」P11)

に関してもう一点書いておきたいです。

 人間は鳥のようなものとして生まれてくるのですが、翼を与えてくださるのは神。同様に、足に道を、目に形を、物に夢を、この世の生活に天国を神様は与えてくださいます。

 ただ翼があるだけで、つまり飛翔する能力があるだけで、それがどのような能力であっても、自らが望む能力でなくとも、恩寵と受け取っていいのではないかと。飛翔するといっても、スズメと鷹との違いのようにさまざまです。

 それが希望するものでなかったとしても、目の前に道があるのがはっきりとわかるならば、それが自分が見るつもりのものでなかったとしても、確かに自分の目が何かの形を見ているならば、手に何かの物を持っていて、それがある夢をかきたてるならば、この世において苦楽の打撃に耐えながらも天国(あの世)を感じることができるならば、それらすべてが仮に自分の願っていたものでなかったとしても、すべて間違いなく神の恩寵(神からの贈り物)といえるのではと感じます。

 またこの恩寵と呼べるものは、1ヶ月前か2ヶ月くらい前の記事で少し触れたファンタジーというものにも近いのかもしれません。翼を感じること、道が目の前にあること、(もしかしたら自分にしか見えない)形を感覚できること、夢をかきたてられること、天国が実感できること。ファンタジーといわれるものの正体はこのことなのではないでしょうか? そして過去の記事において、ファンタジーがあって初めて人は現実を理解できるとの言葉を引用しましたが、まさに神と神の恩寵に生きることこそがリアルそのもの。

 いわゆるファンタジー文学は、夢や形、道を与えられた作家が想像とは異なるそれを上手に記述したもの。インドの二大叙事詩ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」などはその名の通り叙事詩なのですが、一方である種のファンタジーなのかもしれません。神話一般も。