愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

3つの変化

Spiritual change(霊的な変化)
Associational change(関係における変化)
Individual change(個人の変化)

 三つの変化についてです。私たちが変容するには、つまりIndividual changeを成し遂げるには、その前に二つの変化をもたらさなくてはならないと聞きました。一つは霊的な変化、そして次には関係における変化です。

 思うに、霊的な変化とは、何もよりも愛を育むことに尽きるのではないでしょうか。人と接するときに愛の心で接する、物を扱うときも大切に扱う、何か仕事するときも心をこめて行う。それらすべての態度において愛を実践することです。愛とは拡大。つまり愛というものを通じて、人間の世界は少しずつではありますが、広がっていきます。

 愛を培い実践し、世界が広がっていけば、次第に関係における変化が生じるといいます。新たな人との出会いがある。これは自分を高めてくれる人と出会うということもありますし、仕事の面でも思わぬ人脈につながるということもあります。あるいは気心の合う友との出会いもありそうです。ゆっくりですが人とのつながりがより質を伴ったものに変わっていくと思うのです。人とのつながりが変わるということは、端的にいえば住む世界が変わってくるということです。(引越しするということではなく)

 人が新しい刺激を得るのに三つのものがあるとききました。一つは本、一つは旅、一つは人間です。付き合う人間が変われば、考え方が変わります。考え方が変われば、生活習慣が変わります。生活習慣が変われば人生が変わります。つまり最終的に私という人間が変わります。

 霊的な変容=愛の育成と世界の拡大、関係における変容=付き合う人つまり刺激における変化、そして個人の変容=人が変わるということ。

 私はあまりなかったのですが、世には変身願望のある人がいると聞きます。まずは愛を育み、付き合う人を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか?