愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

日々是好日

今日は10月1日です。衣替えの季節でもあり、番組の改編期でもあります。秋は私の最も好きな季節です。夏の熱気が過ぎ、しっとりと落ち着いた雰囲気が大好きです。夜は虫の音が聞こえます。テレビもラジオも音楽も、そして明かりも消し、静かによる耳を澄ませると、ふと生きることの喜びが湧き上がってきます。

 私は若いころ、よくいろいろ細かいことで悩んだ人間でした。しかし、孔子は「40にして惑わず」と言いましたが、本当にそのころを境に急に悩み、惑うことが減ってきました。不思議なものです。そして人生も半ばにさしかかり、改めて、人生への視野が広がって来たので、「人生再発見!」と題してこれを書いてみようと思い立ちました。

 インターネットの世界は、実はあまり詳しくはありません。ブログも初心者です。どのようなものか試してみたいという思いもあります。できれば、この試みを通して、何かすばらしいものが生まれたらいいな、あるいは、何か新しい発見があればいいなと願っています。そして、自分の思いを記すだけでなく、多くの人のブログにも目を通していこうと思っています。

 今年は、東北地方で大地震が起こり、原発の問題で今も多くの方々が大変な思いをされています。本当につらい経験であることは間違いないのですが、この苦しみを乗り越えれば、必ず良いものが生まれてくると信じています。私は、中国地方の、ちょうど本州の端に住んでいますが、気持ちだけは、皆と共にいるつもりです。人生は、本当に素晴らしいものです。

 たぶん私は40年間の間に、普通の人の60年分、いろいろなことを考えに考えてきました。そして頭がふにゃふにゃになってしまってしまいました。禅の世界では首から上は使うなと言いますが、それに近い状態に近づいたのではないかと思っています。

 教育についていろいろ考えることがあるので、それについて触れることが多くなると思います。あるいは、日々の暮らしの喜びを書くでしょう。あるいは、私はいわゆるスピリチュアリティではなく、霊性に関心があります。霊性はなかなか表現しにくいものですが、ときどきそれに触れるかもしれません。写真もときどき載せるかもしれませんが、文章が中心のブログになると思います。活字が好きな人との出会いがあればいいなと思っています。

 いろいろなことを書きましたが、よろしくお願いします。