愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

種をまく

 甥と生活しているとよく思うのですが、教育というのは種まきが大部分ではないかという気がします。何かを教えて短期的なその結果ばかり求めていれば、ときに不満を抱くこともあるのですが、そうではなく、子どものハートに種を蒔いてそれがゆっくり育つように温かく見守ること、これが教育の9割を占めているように最近感じています。

 過去は木で現在は種でそして未来もまた木だといいます。現在というのは、過去つまり何らかの木から生じた種であり、そして未来つまりそれも木ですが、現在の種が大きくなったものです。私たちに与えられているのは、常に種=現在だけです。

 過去は私たちが振り返るときにだけ存在します。私たちが過去を思い起こさなければ、それは無きも同然です。それは郷愁を誘いながら、あたかも絵のように私たちの心の目に映ります。未来は夢です。現在の行いが花開く姿を想像し、私たちは未来を信じます。未来は現在を導くものです。

 子どものハート=大地に種を蒔くこと、私たちはそれによって子どもたちの未来に思いをはせます。親の子への期待、社会の子への希望、皆未来を思いながら、種まきをしています。

 人格の9割は人間的価値すなわち道徳や倫理、霊性で構成され、残りの1割が知識であるというようなことを聞いたことがあります。種まきもそれと同じように、価値=道徳、倫理、霊性を教えることに9割を注ぎ、知識は残り1割でいいような気がしています。知識は人格が備わっていないと活用されず、すべてが無駄に捨てられてしまうのですから。

 植物の種が大きく育つように、芽が出たばかりのころはきちんとそれを保護するように、子どもの心に種を蒔いたなら、それが子どもの人生に根付くように温かく守ってあげること、これが親や年長者の役割です。

 子どもは未来です。種まきこそが大切です。