愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

ソーハムマントラ

 この世は変化します。いっときもじっとしていることがありません。お釈迦様は諸行無常と言われましたが、それはこの世の性質の一つです。人は、赤ん坊として生まれ、子どもとなり、少年、青年、中年、老年、そして最後は灰へと帰っていきます。人の心も何かを得ては喜び、何かを失っては悲しみ、次から次へと湧き起こってくる欲望に支配されています。

 私はかつてこの世の中のことをよく考えていました。長いあいだ考察を続けていると、有為転変するこの世に心(マインド)が影響されて、頭が回ってきて、長いあいだ気分が悪かったことがあります。それ以降、この世のことについてできるだけ考えないようにしました。

 しかし、この世で生きていかなくてはならない人間にとって、この世のことにも少しは配慮しなくてはなりません。今ではそのことが少し苦痛ではあるのですが、変化する世の中に関するニュースに目を通しています。

 最近おもしろい言葉に出会いました。
 「体験はたとえ幻想であってもその人に深い影響を与える。ただしその解釈は変容しうる。解釈を固着させ変容させないものこそが、妄想である。」

 この言葉は真理ではないかと思います。変わることを常とする世の中に嫌気が差した人は、ドグマというか固有の信念、思い込みをもつようになります。それは精神を守る一つの手段ではあると思います。しかし、上にあるように、それはほとんどが妄想の類でしょう。

 変化する世にあって変化しないもの、それは真の自己(アートマ)です。肉体や心や知性は変化しますが、アートマは変化しません。この真の自己の認識が得られれば、変化する世に惑わされることは減ってきます。

 ソーハムというマントラがあります。鼻で呼吸するときに、吸うときにも吐くときにも音がします。吸うときの音はソーに近い音で、吐くときの音はハムに近い音です。ソーはインドで「それ(=神)」という意味で、ハムは「わたし」という意味です。ソーハムで「私はそれ(神)」という意味になるそうです。
 (またもうひとつ、ソーと吸うときに神を受け入れ、ハムと吐くときにエゴを手放すという意味もあります。)

 人間は1日に2万回近く呼吸しますが、毎日それだけの回数呼吸が「私はそれ(神)」と宣言しています。すべての宗教が人間は神である、仏であると宣言していますが、私たちの呼吸も同じことを宣言しています。

 最近疲れやすくなってきたので、夜寝床に入ると何も考える気力が残っていません。そういうときは呼吸に意識を向け、「ソー、ハム」という音に集中しています。10分くらいすると自然に眠りに落ちています。私は毎日、自分が神であることを瞑想しながら眠りについています。

 神と言おうとアートマと言おうと、それは唯一存在するものを指し示す言葉です。自分自身がその唯一存在するもの、そのものであることを自覚するのにソーハムマントラは有効です。誰もが生まれながらにこのマントラを授けられています。