愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

残暑お見舞い申し上げます

先日台風が通過していきましたが、これを読まれる方は大丈夫だったでしょうか? 今年は台風がよく来るような気がするのですが、大きな被害のないことを祈っています。私の住んでいるところは幸い少し進路がそれてくれたので、強い風は吹きませんでしたが、雨が降りました。台風だけでなく、雨の日が多く、今年は心なしか平年より暑さを感じない夏です。ただここ数年が暑すぎただけで、20年くらい前は毎年今年くらいの暑さだったのかもしれません。

 暦の上では秋になりました。秋というにはまだまだ暑い日々です。残暑お見舞い申し上げます。明日から盆に入ります。毎年お坊さんが13日に来ます。盆が過ぎれば、日が暮れるのが急に早くなってきます。昼間は暑くても、夜はしのぎやすくなります。

 最近私は物を少しずつ片付けるようにしています。どちらかというと物を大切にする方なのですが、何年も使わないものは他の方に差し上げたり、思い切って処分しています。物だけではありません。私は新しいものが好きなので、インターネットで気を引くサービスがあるとついついユーザー登録をしてしまいます。しかし登録をしたはいいが、ほとんど使わないサービスもあります。そういうものも気がついたときにせっせと退会手続きをしています。今はパスワードを用いているサービスは20数個です。よく買うネット商店のパスワードも含めてです。多いのでしょうか? それとも少ないのでしょうか? つい先日は思い切ってグーグルとライブドアのアカウントを削除しました。

 green thumbあるいはgreen fingersという言葉があるそうです。園芸の才のある人のことを表します。小さな庭にいろいろ植えて何年か育てているのですが、私にはあまり園芸の才はないようです。「植物を育てることができずに人間を育てることはできない」という言葉に触発されて園芸を始めたのですが、思うように花や野菜を育てることができません。除草剤、化学肥料なしでの栽培にこだわっているのも原因の一つかもしれません。

 しかし、土に触れているといつも素の自分に返れるような気がします。この世のものは土から生じ、最後に土に返っていきますが、そういう命の原点に触れることができます。自然はゆっくりゆっくり変化します。ちょっと油断するとその変化を見逃してしまいます。そしてしばらく経つと草ぼうぼうになっていたり、花が咲き乱れていたります。ゆっくりでも毎日変化し続けることの大切さを思います。

 体の変化も感じています。若い頃に比べて暑さ寒さに弱くなったのを実感していますが、その他に体の機能が衰えているのも感じます。さまざまなことで辛抱が効かなくなってきています。頭の回転も衰えています。ただ、精神の若さだけはなんとか保てているのではないかと自分に言い聞かせ、励ましながら日々過ごしています。

 私の人生は残暑を過ぎ、秋に入りかけています。今後どのような運命が待っているのか気になったりもします。ただ年を取るのは、昔思い描いていたよりもいいものだと思います。比較的静かな日々に恵まれています。これからの5~10年で精神的にも肉体的にも自分をもう少し作り変えて、人生の後半に備えるつもりでいます。

 成就に向かって、皆様が皆様の尊い人生を歩み続けられますように。