愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

クリスマス2013

イメージ 1
Personal Trainer-IF


私はクリスチャンではないのですが、新約聖書をもっています。あまり読む時間はないのですが、ときどき目を通すと、教えのすばらしさにいつも心を打たれます。

「人をさばくな。自分がさばかれないためである。あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。」(マタイ 7.1)

私にはこの言葉が心に響きます。私はそれほど人を批判する人間ではないと思うのですが、知らぬうちに自分の価値観で人を判断してしまうことがあります。かつて若かかりし頃、今よりも多少うぬぼれていたために、人をさばいていたことがありますが、自分があるとき批判していた人の立場に立たされていました。人に向けていた言葉がそのまま自分に返ってきました。世の中にはそのようなことがしばしばあります。裁いていた人を裁けなくなるのが人生です。

この世の中にすべての機械を作ることのできる機械が唯一つ存在します。それは何でしょうか? 人間の体です。人間の体はあらゆる機械を作り出すことのできる最高の機械です。
この世にはさまざまな原理があります。各国や地域の文化もそうですし、宗教の原理、科学の原理もそうです。そしてそれらすべての原理を作り出すことのできる原理が唯一つあります。それは何でしょうか? それは人間です。真の自己です。

iPS細胞の研究でノーベル賞をもらった山中教授は、4種類の遺伝子を組み合わせて万能なiPS細胞を作り出しました。これに倣っていえば、私は4つの教えを実践することで、万能な中で最も万能な真の自己の認識に達することができるのではないかと思います。

キリスト教でいえば、たとえば、
・エゴを磔にすること
・隣人を愛すること
・謙虚な態度で祈りの生活を送ること
・主の御名を称えること
の4つの御教えを実行するだけで人生を贖うに十分なのではないかと思います。

私も自分の宗教の聖典に目を通してきましたが、やはり難しいです。しかし、今は少しでいいのでいくつかの御教えを着実に実践するようにしています。

* "It came without ribbons. It came without tags. It came without packages, boxes. or bags...
 Maybe Christmas doesn't come from a store. Maybe Christmas...  means a little bit more."- The Grinch
「それはリボンなしできました。それはタグなしできました。それは包みや箱やかばんなしできました。・・・おそらくクリスマスは店から来ないのです。おそらくクリスマスは・・・それより多くのものを意味します。」-グリンチ