愛に生きる

日常生活から少し離れて内省の時間にふと浮かんだ思いを記します。

ささやかな買い物

今年もいろいろなものを買いました。そのうちのいくつかはとても役立ちました。振り返ってみるとそれらはすべて食べ物関係でした。

家にきよみ(オレンジの一種)の木があるのですが、昨年末から今年の春にかけてたくさん実がつきました。むいて食べていたのですが、皮が少し固いので、たくさん食べることができませんでした。しかし、ふと思いついて手でしぼるジューサーを買ってきて、生のジュースを作ってみました。簡単に100%ジュースができて、少し酸っぱいのですが、甘さもまあまああり、とてもおいしかったです。みんなで何十杯も飲みました。ジューサーは100均で買ったのですが、とてもお買い得の商品でした。昨年実が付きすぎたためか、今年は不作のようです。

ヨーグルトメーカーもヒット商品です。スーパーで市販のヨーグルトを買ってきて、それを種菌にして牛乳に混ぜて作ります。温度管理をしてくれるので、簡単にヨーグルトが出来上がります。種菌はくり返し使え、安くて手軽にヨーグルトが楽しめました。ヨーグルトにはシロップや砂糖をかけて食べます。このヨーグルトを用いて、カードというチーズの一種も作ることができます。そう高くないヨーグルトメーカーを買ったのですが、十分でした。

ピザ焼き専用のフライパンもよかったです。直径20センチくらいの小さなフライパンなのですが、これにピザの生地を敷き、具を載せて、自分の好きなピザがつくれます。ガスレンジのグリルに入れて数分。簡単にピザがつくれます。皆に好評でした。これもほんの少しの値段で、お買い得です。

今年買ったもので、最初は使っていたのですが、だんだん使わなくなったものに電子書籍端末があります。電子書籍が便利かどうかは、自分が実際に使ってみなければわからないと思い、思い切って買ったのですが、最初は物珍しさに頻繁に使っていたものの、次第に使わなくなりました。ただし、電子書籍が不便だというわけではありません。今年は、紙の本に関しても読書量が減り、またネット書店に読みたい本があまりなかったことが理由です。電子書籍には、青空文庫から現在絶版で関心のあるものを保存したり、さまざまなPDFの書類なども入れています。それらを読むときに、電子書籍を使っています。

インターネットをいろいろ見ていて、ちょっとした言葉に出会いました。それは「多くのことを願う必要なし。実際に必要なものってごくわずかなんだから」という言葉です。たしかにそうです。本当に必要かどうかをしっかり検討すれば、実際に必要なものはごくわずかです。毎日の食事。日々の仕事。喜びや苦しみを分かち合うことのできる何人かの人。そして、信仰心です。

食事に関しては、特別おいしいものを食べようとしなければ、費用はあまりかかりません。日々なすべき仕事も、家事をして、ちょっとした仕事に付けば間に合います。そして、家族がいれば家族を大切にし、近所や何らかのグループ、あるいはインターネットで知り合う人、あるいは友人が何人かいれば人は満たされます。多くが必要だと思い、多くを求めると毎日が次第に大変になってきます。

ジューサーもヨーグルトメーカーもピザ焼きフライパンも、ほんのちょっとした買い物でしたが、それだけで1年前と比べて食生活に楽しみがずいぶんと増しました。ささやかですが、いい買い物をしたと思っています。

おまけ)"We need the courage to learn from our past and not live in it." -Sharon Salzberg
「私たちは、過去から学び、過去に生きない勇気が必要です。」(シャロン・サルツバーグ)